g2umblr

4月 10
“私が「辞める前に一回試してごらん」と勧めているのは、とにかく今所属している会社の仕事は6時になったら上がって、本当にやりたいと思うことを6時以降に毎日やってみるということなんです。一回「辞めよう」という気持ちになったら、会社のなかでの評価も気にならないから、残業も断れるんですよ。それで一旦ボランティアで1年くらい関わればスキルもつくし、本当に欲しい人材だと思われたら声がかかるし、本当に好きなら続くんです。だから、それからでも辞めるのは遅くないよ、と言っています。それで6時に帰るようになると、その会社の仕事が、嫌いじゃなくなる人がすごく多い。そればっかりやるから嫌いになってしまうんです。” 本当に”意識が高くなければ生き残れない”のか?――20代のための”キャリアとお金”のぶっちゃけ話 現場レポート☆ ほぼ日刊惑星開発委員会 vol.048 ☆:ほぼ日刊惑星開発委員会: PLANETSチャンネル(PLANETS/第二次惑星開発委員会) - ニコニコチャンネル:エンタメ (via otsune)

(otsuneから)


4月 9

“他人から拒絶された時の脳の反応は、身体的な痛みを感じた時の脳の反応と部位を共有しており、脳にとって寂しさは痛みなのだそうだ。” 情報考学 Passion For The Future (via picapixels) (via subdub) (via nemoi) (via zenrahanra) (via takaoka) (via kml) (via nakano) (via proto-jp) (via ninamo44) (via quote-over100notes-jp) (via tatsukii) (via koris1974) (via ibi-s) (via fluffy-mint) (via hoimi) (via yukd) (via kramerunamazu) (via anonymous19860727) (via atm09td) (via jaguarmen99) (via k32ru) (via ursysnr) (via ibi-s) (via deli-hell-me) (via gkojax) (via yaruo) (via mitaimon)

“人は場に染まる。天才をのぞき、普通の人がトップレベルにいくにはトップレベルにたくさん触れることで、そこで常識とされることに自分が染まってしまうのが一番早い。人はすごいことをやって引き上げられるというより、「こんなの普通でしょ」と思うレベルの底上げによって引き上げられると思う。” 諦める力~勝てないのは努力が足りないからじゃない / 為末 大 (via ebook-q)

(mitaimonから)


“よく知られているのが、親に虐待された子供を親から引き離して、「安心できる」はずの環境で育てはじめた時に、周囲に暴力をふるい出すことがあるという現象で、その暴力は「攻撃しても反撃されない対象」に向かいます。要は1発殴ったら10発返ってくるような相手にはちょっかい出さないわけで、反撃されないという意味で「弱い相手」に向かうわけです。これは「自己効力感を取り戻そうとする行動」のひとつであり、その意味でごく自然な行動なのでしょう。ただ、それに対応しなければならない周囲の保護者には覚悟が要りますが。” 放射能被害の発生を声高に訴えてきたオオカミ少年は、悲劇を望むようになる : アゴラ - ライブドアブログ (via otsune)

(otsuneから)


4月 8
1: 名無しさん 2014/04/05(土)19:44:59 ID:7ra6701Tk
①スーツの袖丈はシャツのカフスが1.5cm程覗く長さか
②ラペル幅、タイ幅、ゴージラインの長さは同じか
③スーツのボタンの色、靴の色、鞄の色は揃えているか
④ジャケットの一番下のボタンとフラップとベントの位置は同じか
⑤スラックスはアジャスタータイプか
⑥靴は黒の内羽根式レースアップで革底か
⑦ストライプ(レジメンタルタイ)のネクタイはしていないか
⑧胸ポケットの無いドレスシャツを着ているか
⑨シャツの襟はスプレッドカラーか
⑩ソックスはロングホーズで足を組んだ際に見えていないか


他にもあるけど、お前らこのなかで何個ルール守れてる?
「俺スーツの一番下のボタン外すの知ってるぜw」程度の知識すら無い奴大杉なんだが
社会人なのに間違ったスーツの奴大杉wwwww ぶる速-VIP (via kotoripiyopiyo)

(kotoripiyopiyoから)


4月 7

ものごとの本質を見抜き、整理し、短く適切な言葉にまとめる。  これは、「最適化」という、プログラミングの極意の一つと通じるものがあるのです。

 ただし、ロジックではなくエモーショナルな部分に関しては、ややニガテな面があります。  つまり、整理されている、論理的である、ということと、「面白い」ということの間には開きがあるということです。

 プログラマーが経営者になるときに、一番苦労するのが、このエモーショナルな部分をどう演出していくか、ということです。

 誰が見ても頭がいい人、というのが居たとして、しかしその頭の良さが本当に製品の良さに直結していくのか、ということに関しては誰にも評価のしようがありません。

 投資家や取引先は、しばしば頭の良さよりも情熱を求めることがあります.  結局のところ、自分たちではよくわからないことを依頼しているわけですから、そのぶん、自分たちにも理解できる部分、すなわちその事業に取り組む熱意を表現して欲しい、と思うことがあるわけです。

 ところがこの「熱意」の表明というのは、論理性の対極に位置しているため、これができるプログラマーはとたんに少なくなってしまいます。

学生・社会人のためのプレゼンテーション講座 - WirelessWire News(ワイヤレスワイヤーニュース) (via otsune)

(otsuneから)


私が考えている、「面白いプレゼン」の基本構成は以下の通りです。

・身近な話題 ・問題提起(できるだけ身近な問題がいい) ・鮮やかな解決策(ここで新商品) ・そこから広がるバラ色の未来(大袈裟でもいい)

 たいていのプレゼンは、この構成なら「面白い」「わかりやすい」と受け止めてもらえます。  ところが世にはびこるプレゼンは、こういう当たり前の構成を全く持っていません。

学生・社会人のためのプレゼンテーション講座 - WirelessWire News(ワイヤレスワイヤーニュース) (via otsune)

(otsuneから)


4月 3
“許す必要はありません。許したら離れられなくなります。ただ事実を事実としと認め、許せないなら許さない、腹が立つなら腹をたてる、近寄りたくないなら近寄らないを徹底するのが自己肯定感を取り戻すための最初の一歩です。憎みたくなかったら別に憎まなくてもいいですが、憎みたかったら憎んでもいいんです。また離れるべきは母親だけではありません。父親もです。憎むのは母親だけではありません。そんなあなたと母親を放置した父親もです。父親にも問題があるのです。たいていこういう話題だと知らん顔してますが。” 親に愛されてきた人が語る決定的に間違った毒親との関係 (via mitaimon)

(mitaimonから)


3月 30
1、怒られるとショック
学生時代に怒られた経験がないため、仕事で怒られると必要以上に落ち込んで、メソメソしてしまいます。
あまりにもこの症状が重症な場合、会社に数日来なくなることも。

2、見せ方にこだわる
几帳面にコツコツやることで成功してきたタイプに見られがちですが、成果ではなくゴールに至るまでの 見せ方にこだわります。たとえばプレゼン用の資料作りとか……。そんな時間があれば結果をと言いたい。

3、プライドが高い
「ここまで上手くいってきたんだ。だから俺のやり方に間違いはない」と思い込んでいるタイプはプライドが高く、注意されても自分のやり方を変えようとしません。「俺流」を貫くのみ。

4、過去の栄光を引きずっている
これまでの成功体験を社会人になっても引きずり、それに胡座をかいているタイプです。それ以上の成長は見込めません。

5、失敗するのが怖い
学生時代に失敗したことがないため、何か新しいことをして一度失敗すると、別の挑戦をするのが怖くなってしまいます。 社会人経験が浅いときのミスはまだ許されるのだから、もっとのびのびした方がいいのに。”
高学歴だけど仕事ができない人の7つのパターン | ライフハックちゃんねる弐式 (via pyorohiko)

(otsuneから)


“・批判や注意を受けたからといって凹んでいるうちは、あなたの人生は「他者基準」にとらわれていることになります。” 紙魚:So-netブログ (via lastscenecom)

(otsuneから)


3月 22
“①嫁さんが健康保険と失業保険のある仕事についておいた方が得。 ②出産時の補助が多い自治体に住む方が得。びっくりするぐらい違う。 ③公立幼稚園に入れる場所に住む方が得。賃貸なら引っ越し代の方が安くつく。” これから子供作る予定の人に 島国大和のド畜生 (via otsune)

(otsuneから)


3月 19
“単純な話をすると8人の人が必要な職場を8人で回してはいけない。そこに10人配置して余裕を持たせ、有給休暇を取れるようにすることが管理職としての責任である。日本はどうも管理職が単に偉いだけで管理をしないことが多いように思うけど、それを自信満々に言われると驚く” 有給休暇は当然の権利です | 100% Pure NEET (via ukleina)

(otsuneから)


3月 17
“うつ病は「心の病気」ではありません。幸福感を感じるホルモンが分泌されなくなる脳という臓器の機能不全で、体の不調です。悪化しないうちに、休ませてあげるしかありません。これ理解しとかないと、管理職になってから部下に重いうつ病患者を出して、管理職から外されますよ。” Twitter / yappyJP (via gkojax)

(mitaimonから)


“私の知る第一線のひとびとは、クマが水を飲むように本を読み、常軌を逸した大量の作業を毎日ふつうにこなしている。しかしそれはかれらにとって苦痛ではない。それは自然なことで、あたりまえのことだ。かれらに「どうしたらそんなにがんばれるんですか」と聞いてみればよい。頭をからっぽにすればきみにもできるよ、という回答が返ってくるだろう。

努力ということばが本来意味する姿勢とは、そういうあたりまえのことをどれだけ持つか、ということだ。

才能は努力しない。なぜならそれは日常だからである。”
Marginal Soldier: 日常的なもの (via ginzuna)

(mitaimonから)


ページ 1 / 22